店舗案内

店舗案内

吉田町店
石川町店



割烹蒲焼八十八はそれぞれの地方の方との連携をお願い致しております。
鰻においては、貴重な日本産ブランド鰻を使用、季節により産地を変え、より上質の鰻をご提供致します。
牛肉は五島列島から五島牛を、石垣島から石垣牛を、仕入れております。その時の状況により、最高のものをどちらか仕入れております。どちらの牛肉も、A5ランクで特に良質の部位を厳選(希少部位も入荷可能)し、八十八オリジナルのタレで召し上がっていただきます。
お魚は料理長が産地を厳選し、仕入れております。
お米は鰻重において横濱八十八のタレの絡み方が最も良いと思われる、岩手県奥州市〈ひとめぼれ〉特A米山椒は和歌山県産(ミカン畑に挟まれた山椒畑なのでフルーティでさわやかな香り)は、お料理の味をより一層際立だたせます。
お茶は京都一保堂のほうじ番茶を使用しております。


又、明治43年から受け継がれてきた八十八秘伝のタレは横浜風の粋でキリッとした味わいでございます。砂糖などは一切使わず味醂と醤油のみ、おかわりをしたくなるほどの、さっぱりとしているがコクのあるタレでございます。

このように良質で且つ上質の新鮮な素材を日本の調理業界の中でも最高の職人が美しく美味しいお料理に仕上げてお客様に召し上がっていただいております。





○創業明治43年。
初代女将荒井米の名前にちなんで「八十八」と名付けました。
○最初のお店は伊勢佐木町の裏通り。今の有隣堂の裏手に当たります。



○相鉄文化会館(現在の相鉄ジョイナス)に支店をオープン。
その後関内の馬車道近くに関内本店をオープンしました。
左の写真は当時の建築雑誌に載った本店の記事。
上の写真は加賀町警察の料亭登録一番の鑑札でした。
(吉田町店に飾ってあります)


○多くの横濱の文化人に愛され、著書に登場しました。
右の写真は山口瞳先生の「行きつけの店」




○柳原良平先生の「良平のヨコハマ案内」にも取り上げられています(左の写真)。尚、吉田町店のVIPルームには柳原先生の絵画を飾っております。